国民健康保険運営協議会とは?

2016-02-04

2月4日(木) 座間市役所5階 第二会議室

本日は、国民健康保険運営協議会?? が行われました。

この運営員会って何?  保険や行政の事業は複雑という方にわかりやすく説明。

 国民健康保険(国保)とは、病気やケガをした場合に安心して医療を受けることができるよう、加入者が普段から保険料(税)を納め医療費の負担を支えあう、助け合いの制度です。日本では、すべての人が何らかの医療保険に加入することとなっています。地域住民の医療の確保と健康の保持増進に大きく貢献しています。 なお、国保は、市区町村に、加入者(被保険者といいます)が納める保険料(税)によって運営されています。
 国保の保険料(税)収納が不足すると、十分な給付が行えなくなり、国保に加入している方の医療費負担が大きくなってしまいます。

現在、座間市では国、県からの事業費以外の不足分を市内の皆様からの税金(一般会計)からの繰り出しにて国保運営をしています。

国保の支払額、税率は各市町村によって異なります。皆様に負担がかからないよう、税率の改正、保険料を払わない方への処置対応また、他市との比較の中、市の財政の一般会計に負担がかからないよう3年先を見通した計画案の策定をし協議を行っています。

うーん 難しいかな。   このホームページは子供でも分かりやすく説明ができるよう努力しておりますが・・国保に関してはこんな感じとなります。

保険証のイラスト